イベントを読み込み中

EVENT ARTICLE

Diskonnected

SECT

DJ MARIA.

OCCA

YSK

LYNNE

SISINOBU

TONER

  • DATE: 12/30 (SAT)
  • OPEN: 23:00
SHARE :

世界が注目する東アジアの要Organik Festivalを率いるテクノ・コレクティブSmokeMachineの中核Diskonnected

台湾地下テクノシーンの立役者として、Berghainなどの名門クラブでDJを披露してきた現行シーンのトレンドセッターがOCCA/YSK主催のSECTの舞台に登壇!

現在、アジア地域全体におけるダンスミュージックシーンは歴史的に見ても大きな転換期を迎えており、それは“非言語的な音楽を通した共通感覚”、すなわち“より深く団結すること”に対する社会的な需要とも深く関係していると考えられる。アジアの心臓部、台湾を拠点にして、世界各国の催眠的なダンスミュージック、並びに非欧米世界における民族的な音楽をキュレーションしてきたコレクティヴ《Smoke Machine》を主宰するDiskonnectedは、この燃え盛る狼煙を穏やかに見守ってきた人物だ。本年の締め括りとして、日本アンダーグラウンドシーンの新章を象徴する”SECT”の舞台に彼が姿を見せることは、豊かな歴史を持つ日本のクラブシーンにとっても特別で大きな意義を持つことだろう。

つい先日には《Resident Advisor》から、彼がレジデントを務める香港のクラブ”宀 (Minh)”にて収録されたという6時間に及ぶオールナイトロングセットが発表され話題となった。BPM90から始まって160で昇華するこの時間旅行は、現在進行形のアジアの熱と彼の長年の音楽コレクションによる化学反応の産物であり、この作品からは彼が追い続けてきたダンスミュージックの象を垣間見ることができる。

ROOM1には、東京のテクノシーンを代表する存在として今年“Berghain”でのプレイも話題となったDJ MARIA.もラインナップ。加えて、北の国・札幌の地から世界へと飛び立ち、テクノシーンの新たな総本山”BASSIANI”でその特異なコレクションを披露したOCCAと、福岡・北九州の地で“sound space α”を主宰し、土着的にテクノシーンを発信し続けているYSKの《SECT》主宰者両名がこの個性溢れるDJらを迎える。

ROOM2には、2019年に《Smoke Machine》の”UNCOVER”シリーズにてアブストラクトなドローン作品を発表し、今年スペイン・バルセロナで開催された前衛的な電子音楽のフェスティバル《Mostra》では最終日のクロージングセットを務めたモダン・ドラムンベースの旗手Lynneが登場。またZUNDOKO DISCOのメンバーとして、独創的な技巧派ダンスミュージックを探求するSISINOBU、クラブミュージックを通過したエレクトロニック・アンビエントを軸としたコミュニティ《LIMINAL DREAMS》の主宰者であるTonerがオルタナティヴな音楽で一晩を鮮烈に彩る

Diskonnected, the driving force behind Smoke Machine, the techno collective steering Organik Festival, a pivotal event in East Asia garnering global acclaim.

A luminary in Taiwan’s underground techno realm, Diskonnected stands as a trendsetter in the current scene, gracing renowned clubs like Berghain. Prepare for a sonic journey as Diskonnected takes the stage at SECT, presented by OCCA/YSK!

The dance music landscape across Asia is currently at a pivotal juncture, driven by a societal need for “a sense of commonality through non-verbal music” or a “deeper unity.” This shift is intricately tied to the demand for a more profound sense of connection. Diskonnected, hailing from the heart of Asia, Taiwan, and leader of Smoke Machine, a collective that curates mesmerizing dance music worldwide along with non-Western ethnic sounds, has been a poised observer of this evolution. His presence at “SECT,” a symbol of a new era in the Japanese underground scene, marks a special and significant moment for Japan’s rich clubbing history.

Recently, Resident Advisor unveiled a buzzworthy six-hour all-night set recorded at Minh, the Hong Kong club where Diskonnected holds residency. This set, ranging from BPM 90 to a sublime 160, is a result of a chemical fusion between the prevailing heat in Asia and his extensive music collection built over the years. It offers a captivating glimpse into this musical journey.

In Room 1, DJ MARIA., a prominent figure in Tokyo’s techno scene, whose recent performance at Berghain has been a topic of discussion, will be part of the lineup. Additionally, both SECT organizers, OCCA from Sapporo in northern Japan, known for his distinctive collection featured at “BASSIANI,” the new techno scene flagship, and YSK, who oversees “sound space α” in Kitakyushu, Fukuoka, will bring their unique sounds to the event.

Room 2 will showcase Lynne, a modern drum n’ bass standard-bearer whose abstract drone work was featured in Smoke Machine’s “UNCOVER” series in 2019. Her closing set on the final day of this year’s avant-garde electronic music festival Mostra in Barcelona was a highlight of the event. The lineup will also feature SISINOBU, a member of ZUNDOKO DISCO, who explores the creative and technical facets of dance music. Additionally, Toner, the leader of LIMINAL DREAMS, an electronic ambient music community that has traversed through the club music scene, will bring an alternative flavor and vivid color to the evening.

BACK

世界TOPクラスの高音質サウンドを誇る日本屈指のテクノ・ハウス専門店

An exalted Techno/House specialist with one of the world's top sound systems